ホーム > ニュース

2021年05月20日

介護施設や在宅介護について

介護ブログ

介護施設や在宅介護について

~高齢期の暮らし方を事例とともにご紹介~

親のサポートや介護についてのご相談で多いのが、「施設の種類が多くて何から調べれば良いか分からない」「どこに相談すれば良いか分からない」と言った内容です。確かに、お身体の状態や必要なサポートが何かによって施設選びなどは異なります。

先ずは、どのような施設があるのか大まかな内容を知り、どのようなポイントで探したり選んだりすれば良いのか、事例とともにご紹介していきます。

【INDEX】
 ■さまざまな施設や住まい
 ■暮らし方の事例紹介
 ■最後に

さまざまな施設や住まい

介護が必要になった場合、サポートや施設を利用して生活することになります。

<例>

  • 在宅介護
  • 特別養護老人ホーム
  • 介護付き有料老人ホーム

それぞれの内容や特徴は以下となります。

在宅介護:要支援・要介護者が自宅で生活しながら、介護のサポートを受ける形態のこと。介護保険の利用により比較的費用を抑えてサポートを受けることができます。また、慣れているご自宅で暮らしていける安心感があります。

しかし、ご家族のサポートも必要なため、介護度が高い場合等はサポートするご家族の心労や負担も考慮しなくてはいけません。介護離職問題もその1つです。サポートの比重が1人に集中しないようにしてく必要があります。

特別養護老人ホーム:社会福祉法人や地方公共団体が運営主体となっている公的な介護施設です。施設や地域により異なりますが、この後お伝えする介護付き有料老人ホームよりも費用は低額となりますが、待機者も多く中々利用できないケースもあります。

また、ベッド数が空いていても介護する職員数が足りずに受け入れができない施設も増えてきました。費用も高くなってきた施設もありますので、検討する際は入居のタイミングや費用面も合わせて確認しておく必要があります。介護付き有料老人ホーム:食事、清掃、身体介護、リハビリなど施設スタッフによるサービスが受けられる施設です。入居費用が高めとなりますが、空室があればすぐに入居が可能です。サービス付き高齢者向け住宅と混同されがちですが、受けられるサービスが異なりますので入居者のかたの必要なサービス(サポートして欲しい内容)を明確にして、施設探しをする必要があります。

その他、介護老人保健施設(老健)、グループホーム、軽費老人ホーム(ケアハウス)などさまざまな施設があります。どのようなサポートが受けられるのか、入居条件はどのような内容なのかを把握する必要があります。しかし、このような専門的な内容は個人で理解して探していくには時間も労力もかかります。

冒頭でお伝えした、施設の種類が多くて分からない、どこに相談すれば良いのか分からないという場合は、施設紹介のプロにご相談されることをお勧めしています。

(「紹介のプロ」介護施設紹介センター:https://introduce-kaigo.com/introduce/


暮らし方の事例紹介

事例を2つご紹介いたします。

事例1:Tさん(78歳、男性)
3年前に癌を患い、手術や治療を受け現在も通院しながらの生活です。お一人暮らしのため、身の回りのことはご自身でされていましたが、体調の悪いときは食事等を作ることも困難になってきました。お子さまが施設等への入居も提案しましたが、多くのかたと暮らすことに抵抗があり、在宅での暮らしを希望されていました。

その為、しばらくの間は在宅での生活を続けられるよう、買い物や家の掃除、食事の準備など必要なサポートをご自宅で受けられるよう民間の支援センターや通院している病院が提携しているサポートセンターなどに協力を依頼しました。生活をサポートしてくれる方々がいることで、Tさんだけでなくお子さまも安心され、現在もご自宅での生活を続けています。

事例2:Aさん(88歳、女性)
85歳までご自宅で生活されていましたが、室内で転倒し足を骨折。歩行困難で生活に支障が出てしまいました。ご家族も遠方で暮らしているため、定期的なサポートが難しく施設を探されていました。

在宅介護も検討されましたが、お住まいのご自宅は段差も多く、持病を治療する医療機関へも遠いなど、暮らしに問題がでてきた時期でもありました。今後の不安要素を軽減できるよう施設を探し、現在のAさんのお身体の状態や今後の生活などをふまえて施設入居を決意されました。

入居費用や入居中に必要なコスト(費用)をふまえて施設を探していきました。Aさんのご家族は、相談できたことで親子で抱えていた問題を軽減することができて安心していますと仰っていました。


最後に

これだけ超高齢化が進んでいる日本でも、まだまだ介護の問題は山積みとなっています。ご家族だけで悩んでしまうケースも少なくありません。

施設の種類も多く、どのようなサポートが必要なのか、費用はどのくらいなのかなど、包括的に検討していく必要があります。そこには、やはり専門家の知識やサポートが必要です。お一人やご家族だけで悩まずに、相談できる機関を活用していただきたいと思います。


ライタープロフィール紹介

藤井亜也(ふじい あや)

  株式会社COCO PLAN (ココプラン) 
  代表取締役社長
教育カウンセラー、派遣コーディネーター、秘書等、様々な職種を経験した後、マネーセンスを磨きたいと思いファイナンシャルプランナーの資格を取得。
「お金の不安を解決するサポートがしたい」、「夢の実現を応援したい」という想いから株式会社COCO PLANを設立。
独立系FPとして20代~90代と幅広い年代のお客様の相談に対し、親身にそして丁寧に対応。
一人一人に心を込めて、最適なプランを提案し、多くのお客様のライフプランを実現。
現在は個別相談だけでなく、マネーセミナー、執筆・監修など幅広く活動中。

【著書】

今からはじめる理想のセカンドライフを叶えるお金の作り方 (三恵社)


COCOPLAN お金に関するご相談 セカンドライフの暮らしとお金 ファイナンシャルプランナー ファイナンシャルプランナー COCOPLAN お金に関するご相談 リタイアメントプラン 資産運用 セカンドライフの暮らしとお金 相続対策 紹介のプロ 介護施設紹介センター プラス少額短期保険 プラス少額短期保険 リタイアメントプラン 介護施設紹介センター 相続対策 紹介のプロ 資産運用