紹介事例

ご紹介~入居の実例をご紹介

老人ホームや介護施設など、当センターがご相談を受けて、入居まで至った実例を紹介します。
エリア・設備・介護サービスなど、ご希望の条件や、費用、ご病気に関する事など、ご相談いただいたみなさまの状況はさまざまです。
是非、当センターの事例をお役立てください、

目次

  • ご相談事例1:A様(78歳・女性・介護2 生活保護受給 身寄り無し)ケアマネ様からのご相談
  • ご相談事例2:B様(76歳・男性・介護未申請 年金収入 ご家族あり)病院相談員様からのご相談
  • ご相談事例3:ご自宅での介護が困難になってきたご家族さまからのご相談
  • ご相談事例4:精神疾患があるD様(55歳・男性 2号保険者 要介護4 生活保護受給 身寄りなし)病院相談員様から転院のご相談
  • ご相談事例5:ご自宅での生活が困難になってきたE様福祉事務所様からのご相談

1 A様(78歳・女性・介護2 生活保護受給 身寄り無し)ケアマネ様からのご相談

【相談内容】A様はお一人での生活が長く、認知症で最近徘徊もあり1人での生活が難しいとケアマネ様からお電話を頂きました。
食事もお惣菜を買うことが増え栄養面が偏っている様子です。
【対応とご提案】A様にお会いし食事面等安心して暮らせれば地域は問わないとの事でした。
認知症が進んでいる為、急ぎであると判断し各方面に書類等揃えて頂き、本人から了承を頂きましたので埼玉県の住宅型有料老人ホームに保証人なしでご紹介しました。
本人にお会いしてから2週間で入居になりました。

2 がん末期のB様(76歳・男性 介護未申請 年金収入 ご家族あり)病院相談員様からのご相談

【相談内容】B様は、肝臓がんを患い病状も末期で経口摂取が難しい方でしたがご家族の意向で静かに暮らせる所で最後は迎えさせてあげたいとの事で相談頂きました。
【対応とご提案】まず相談員様には療養型への転院もしくは有料ホームどちらでも対応できるように、ご本人住所地での介護申請を依頼しました。
年金収入も少なかったためご家族に援助の有無を確認し、費用の安価な群馬県の住宅型有料ナーシングホームを提案しました。
万が一のことも考え緩和ケア病棟のある病院にお声がけをし万全の体制をとりました。
ご家族からはここまで考えて頂きありがとうございましたとお礼を頂きました。
本人にお会いし介護申請受理されてから1週間で入居になりました。

3 ご自宅での介護が困難になってきたご家族さまからのご相談

【相談内容】C様(83歳・女性 要介護3 年金収入 ご家族あり)は半年前に大腿骨を骨折してから、ご自宅にて娘様(53歳・自立)が介護をされていました。
介護サービスも利用していますが、介護の長期化に娘様も心身ともにお疲れのご様子でした。
同居して介護するという事は難しいのではとアドバイスをし、ご予算にあう施設があれば住み替えをしたいとのことでご相談頂きました。
【対応とご提案】 C様の病状、娘様の状況をお伺いし、担当ケアマネージャー様ともご相談させて頂きましたが、やはりこれ以上娘様での介護生活は困難との判断になりました。
施設それぞれのメリット・デメリット、資金の面の資料を作成してご説明し、ご判断を頂くことにしました。
病院にも通いやすく、娘様も通いやすい近隣にある住宅型有料老人ホームで空きがでるという情報を得たため、すぐにご紹介、ご決断頂きスムーズにご入居して頂くことができました。
紹介のプロを御利用いただくことで、数社の施設の比較表や、資金計画表などをみて話をすることで、感情に流されず、スムーズで現実的な話を進めることができたケースでした。
娘様からこれで自分の体調の事も考えられる時間が持てますとお礼を頂きました。 本人にお会いしてから1ヶ月で入居になりました。

4 精神疾患があるD様(55歳・男性 2号保険者 要介護4 生活保護受給 身寄りなし)病院相談員様から転院のご相談

【相談内容】D様は精神疾患治療中に脳出血を患い、右麻痺により要介護認定を受け入院されていました。入院中に糖尿病を発症し右足を切断されました。
精神疾患の治療が終了した為、内科治療のできる病院もしくは介護施設に入居して頂きたいと相談をお受けしました。
【対応とご提案】お電話では、インスリンの自己接種が難しいこと、血糖値のコントロールもうまくいっていないことを確認しまず転院して血糖値を安定させてから介護施設に入居して頂く決断をしました。福祉事務所様の了承も頂き、お付き合いしている病院に相談し受け入れをお願いしたところ次の入居先も決まっているので安心して受け入れて頂きました。入院のいきさつからも、看護師が24時間常駐しており、身体状態の変化に対応でき、最後までお過ごしになれる施設をご提案。退院後は年齢が若いこともあり医療法人が運営するサービス付き高齢者向け住宅にご入居となりました。
ご本人、病院、福祉事務所の方から感謝され担当させて頂き本当によかったと感じたケースでした。
本人にお会いして転院期間も入れ3ヶ月で入居になりました。

5 ご自宅での生活が困難になってきたE様福祉事務所様からのご相談

【相談内容】E様(68歳・男性 要介護1 生活保護受給 身寄りなし)は最近言動に異変があると担当ケアマネ様から福祉事務所に相談があり、受診したところアルツハイマー型認知症との診断を受け、今後の1人での生活は難しいと相談頂きました。
【対応とご提案】E様の状況をお伺いし、担当ケアマネージャー様ともご相談させて頂きましたが、やはりこれ以上1人での生活は困難との判断になりました。
金銭管理も難しいとの事ですので、金銭管理サービスも対応できる施設を提案。今後の事も考え精神科と連携のとれているサービス付き高齢者向け住宅に入居されることになりました。
福祉事務所様、ケアマネ様にも迅速に対応頂きましたとお礼を頂きました。
本人にお会いしてから10日で入居になりました。